ダイヤモンド買取を神戸でする時の資料

ダイヤモンド買取を神戸でする時の鑑定書

キラキラしたダイヤモンド ダイヤモンド買取を神戸でしてもらう場合には、鑑定証について知っておきましょう。
鑑定証とは、正式には、ダイヤモンドグレーディングレポートと呼ばれています。ダイヤモンドグレーディングレポートという名前の通り、ダイヤモンドのグレードについて書いている資料のことです。

グレードが分かる


このダイヤモンドグレーディングレポートには、ダイヤモンドの重さや、色、クラリティ、カットとについて書かれています。
これらのグレードは一般的には、4Cと呼ばれています。ダイヤモンド買取をしてもらう場合、ダイヤモンドグレーディングレポートがない場合、作成してもらうこともできるので、鑑定証があるから必ず高く買取りをしてもらえるわけでもありません。


基本的にはダイヤモンドの中でも、特に高価なものには、ダイヤモンドグレーディングレポートが付いていることが多くなっています。
ダイヤモンドグレーディングレポートには、4C以外でも、様々な要素について書かれていることもあるので、正確な査定をしてもらうために役に立ちます。

鑑別書について


また、ダイヤモンド買取を神戸でしてもらう場合には、鑑別書についても知っておくといいでしょう。
鑑別書は鑑定証と似ているかもしれませんが、違っているものです。鑑別書はそのジュエリーがガラスでできているのか、ダイヤモンドでできているのかを証明するのに使われます。


ダイヤモンドグレーディングレポートを作成する場合、ダイヤモンドであることを前提としてグレードを付けることになりますが、鑑別書はどの石なのかを調べた結果について書いているものとなっているので、ルビーやサファイア、エメラルドなどの色石やダイヤリングなどに付いています。


ダイヤモンド買取を神戸でする場合には、鑑定書が付いている場合には、電話で査定をすることができるのがメリットです。
鑑定書があれば、正確な情報を電話でも伝えることができるからです。

↑ PAGE TOP